cheer up! cafe♪選挙に出る方を応援します📣

選挙のこと司会MCのこと&聞いてほしいこと伝えたいこと(^^)

大阪都構想〜大阪市民としての目線で思った事〜

今回の投票は、イチ市民として参加した。

いつも各党所属の候補者の街宣車に乗ってるので。

 

思い出してみると。

 

都構想投票の事前活動としてでしょう。

いつのまにか維新の市議会議員さんや府議会議員の方々が街頭に立って、もしくは車で町中を廻っていました。

 

あーもうすぐ大阪都構想の投票日があるんだな、と思っていました。

 

Twitterフォローしてる議員さんの投稿で、

大阪市内を宣伝カーで呼びかけてまわっているのを知りました。

街頭に立ち、演説しているのも。

 

 

私の近所も、音楽が鳴って正直うるさい維新の車がよく廻って来ました。

と思えば、個人で呼びかけて回っている議員さんもいたり。

とにかくどこにいても維新の呼びかけが聞こえてくるほどの賑やかさだった。

 

 

どこか街頭で活動してるところに出くわさないかな と期待していたのですが、なかなか出会わず。

SNS投稿を見てみると、前回の投票時に反対派が多いとされていた地域を重点的に廻ってるような感じ。

 

たしかに私の地元地域も、地元議員さんたちが廻ってるようなことはSNSでは書いてあったけど、、、出会わず。

 

そんな感じで11月1日の投票日の

1週間前となりました。

 

わたし的には、そろそろ内容を聞きたいと意識してたのですが、聞こえてくるのは

大阪市が消滅する」「大阪市が無くなったらもう元には戻れない」など、市民としては不安なイメージの言葉ばかりが街を歩くたびに聞こえてくる。

 

 

人間って、ネガティブなイメージのすり込みの方が、定着してしまいやすいのだろうか。

と思ってしまう。

だから、はやくポジティブな意見を聞きたいなと思っていたのですが。

 

大阪市は好きだからなくなるのは嫌だ。

でも、着目するのはそこではなく、大阪に住む私達にとって未来はこんなにも暮らしやすくなるというイメージだというのはわかっている。

 

でも、そのリアルなイメージを貰えきれなかった感じ。

 

極端にいうと、

「きれいごとや絵空事は今いらないから、

私の暮らしがどう良くなるのかちゃんと目で見せて欲しい」

という気持ちが強かった気がする。

 

 

反対に、都構想反対派が言ってることは、

ネガティブだけど、リアルにイメージしやすかった感じ。

 

投票間近の1週間は、

反対派の動きは見事だったと思います。

逆に賛成派の言ってることは、

自分からは遠く、テレビの世界、、的なイメージに聞こえて来てならなかった。

 

私は賛成派なのにも関わらず、

こんな感じで当日まで投票に行く気がしなかった。反対に入れてしまおうか

とも考えていた。

 

今回の都構想投票は、

投票日にこそ

どちらの説明も聞きたかった。

 

思い切って、それぞれの投票所できちんと説明の場を用意して、平等に説明を聞かせてくれた上で市民に各自の判断をさせてもらえたらよかったのに。

 

聞いてる人と聞いてない人の差が激しかったから、きちんと判断できずに投票したり、

投票所にも行かなかった人がいたのではないのかな。

 

 

あくまでも私の意見ですけど。

 

 

 

というイメージを持った都構想の投票までの日々でした。

 

 

 

馬主さんが候補者

f:id:senkyo_bird:20201026001159j:image

 

むかーしから選挙でお世話になっている方と

会食をしました。

その方と初めて会ったのは、

数年前の参議院選挙。

 

候補者は、そのころ有名な馬主でもあった方。

街宣車で名古屋、福岡、四国など、遠方まで回る選挙でした。

 

 

その時のウグイスコメントは、

競馬中継さながらの言い回しで

「一馬身、二馬身、三馬身・・・

みるみる追いつき追い越していく‼️」

みたいな感じで(^^)

 

その候補者さんの特徴を織り込んで

いろんなコメントで応援演説します。

 

テレビで競馬中継を見るたび

思い出す選挙です♫

 

 

 

候補者から聞こえる『私の声』

以前、選挙でウグイスとして応援した議員の方から連絡をいただきました。

 

その議員の方は、

補欠の席を、圧倒的な得票数で勝ち取った

市議会議員さんでした。

 

 

その後の本戦でも呼んでいただいたのですが、様々な事情で、私は全日程その方の車に乗ることができませんでした。

 

 

他のウグイスが当然乗ることとなったのですが、やはり自分の始まりは『あの時の補欠選挙』だと思っている とおっしゃいました。

 

たしかに。

燃えましたねー

あの時の選挙は。

 

 

たぶん、今度の選挙も乗って欲しいと思って連絡をいただいたのだと思います。

だとしたら、とても嬉しいことです!

自分で思ってるだけだったりして。。。

 

 

議員になると、他の選挙の応援に出向くことも多くなります。

そんな時、私とは他の候補者のウグイスとして応援してる時にお会いするわけです。

 

場合によっては敵だったり味方だったり

いろいろな立場で顔を合わせることとなります。

 

その議員さんは、私の声を

『ストレートボイス』

とおっしゃいました。

 

 

『ストレートボイス』

想いをストレートに伝える

 

これが私のウグイスの特徴なのかな。

 

 

ご自身の選挙時には、

「自分(候補者)のことを本人よりも知ってるように訴えてくれる」

と喜んでくださったのを覚えています。

 

ちなみにこのような言葉は、

私が応援した候補者ほとんどからよく言われます(^^)

 

 

最終日は他の候補の街宣車と一触即発のような状況にまでなるくらいの熱戦でした。

 

そこを勝ち上がった選挙を経験できたからこそ、自信を待って「選ばれた議員」として活動できるのではないかとも思います。

 

またこれも、私が勝手に思うことですけど。

 

 

 

 

そういえば、

演説で人々を魅了するタイプの国会議員の方の応援に入った時には、

 

「あなたの言葉には意思を感じる。

どんなレッスンしてるの?」

 

と聞かれたこともありますね♫

 

 

愛ですよ!

「私の候補者が誰よりも一番!」

という想いだけ🤗

それが言葉となって伝わるのかな。

だって特別なことはしてないので。

 

 

 

悔いのない選挙をしたいのでしたら

 

『ウグイス選び』

 

大切だと思いますよ🤗

 

 

f:id:senkyo_bird:20201024014429j:image

 

 

 

 

 

 

候補者の『サポート役』としての想い

議員や議員になる人には、『誇り』を持って活動して欲しい。

 

議員になることは、決して就職先のひとつとして考えないで欲しい。

 

議員とは、国民の人生や生活を背負ってる

特別なポジションだ ということを常に心に留めて欲しい。

 

議員という役職は、

誰でも簡単になれる役職ではない。

でも決して偉ぶっていい立場ではない。

 

ただ議員一人一人は、確かに国民に選んでもらったということは事実である。

だから、その誇りを持って取り組んで欲しい。

本当にすごい場所にいるのだから。

 

それは、地方議員であっても国会議員であっても皆同じこと。

 

わたしは政治家を志す方々が、

そんな世界に行けるか行けないか という

究極の時期をサポートする仕事に携わってることに対して、いつも誇りを感じています。

 

ありがとうございます✨

 

 

 

 

こんな時期こそ話を聞ける議員であって欲しい。

コロナのせいで、人々の生活が大変なとき。

日本中のひとが、それぞれの生活環境下で苦しんでいる。

そんな中、日本に居住しているひと全てに10万円の特別給付金が支払われることとなった。

 

わたしは偶然にも市民の様々な声を聞く場所に身を置くことができている。

 

聞こえてきたのは、自分たちの理不尽な状況をどうにかして欲しいと訴える声。

同じような環境でも内情は全く違っていたりする。

よく確かめて、本当に必要なものを必要な人に届けて欲しいと。

 

世の中には、うまく立ち回れる種類の人と、

当たり前に真面目に生活しているのに報われない人がいると。

 

選挙の時は、

「このような状況ではいけない」

と心から訴え、

様々な議員が民主主義のもと

当選してきたはず。

 

「民間に一番近い存在の議員の皆さん」に

お願いしたい。

今こそ「身近な相談役」として、あなたのそばで困っている、あなたを応援してくれている人の話を自分の耳で聞いてあげて欲しい。

 

今だからこそ、日頃見過ごすことが当たり前になっていた小さくてもリアルな声と現状を

しっかり正面から受け止めて、

平等な環境に変えていくときなのではないか。

 

私たちウグイスが、いつもマイクで代弁しているコメントを現実にしてください。

 

私たちの身近な声の代弁者、

一番身近な相談役として。

今こそ力を発揮してくれるのを

心から期待します。

 

 

 

議員の皆さんをいつも応援しています!

〜ウグイスのひとりごと〜

 

 

伝える話し方〜選挙ウグイス〜

f:id:senkyo_bird:20200409171538j:image

 

「気持ちがすごく伝わってくる」

私のウグイスを聞いていた同僚のウグイスさんからの言葉。

 

そういえば以前にも

「あなたの言葉には意思を感じる。

どのように練習してるんですか?」

from某国会議員。

 

「良い声だね。嬉しくなるね」

from某府議会議員。

 

「僕より僕のことを分かってるみたい。すごい!」

from某市議会議員。

 

 

「まみさんの喋りは、まみさんだからできるんだよね」

from某ウグイスさん

 

「あなたの声は、盛り上げ声よね」

from一般女性。

 

 

といったお言葉をもらいました。

 

 

私もそんなこと言ってもらえて、

こちらこそ本当に嬉しいです。

 

 

MCを始めた頃、

「選挙ウグイスはやめたほうがいい」

と言われてました。

独特の「話しグセ」が付くからだという理由で。

そういえばその頃、結婚式司会も同じこと言われてたな。

 

確かに昔のウグイスや昔のブライダル司会の喋り方は独特だと思います。

 

でも、だれを参考にするか

によって喋りは変わると思いますね。

 

 

何が言いたいかというと、、、

 

最近、昔のウグイスはこんなだろうな

というしゃべりを聞いてしまったのです!

お上手なんですよ。

でもなんだか聞いていてもテンションが上がらない。

言葉が途切れすぎていて間延びしすぎる。

 

ウグイスの話し方には、ひとつは「好み」もあって、時代や地域によっても受け入れられる話し方やそうでない話し方というのもあるようですね。

 

でも今後も「古い話し方」

とは言われないように、常にブラッシュアップしていこうと思いました🎤

 

 

🔶🔶🔶🔶🔶

選挙が好きすぎる!

選挙ウグイス

よしまみっ🎤

🔶🔶🔶🔶🔶

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緊急事態宣言(コロナ)の中での選挙活動

緊急事態宣言

が発令される数日前から始まった 選挙。

 

ご当地の国会議員や市長が、

この状態で開催するのかどうか国に伺った上で、当初の通り最終日まで続けることとなりました。

 

選挙 といえば握手🤝

 

禁止。

 

ウグイスもマスクは着用OK。

 

あとは、

「密閉」「密集」「密接」の3つの「密」を避けて行う。

 

投票所では、

アルコール除菌を入り口に設置。

鉛筆などの使い回しも危ないということで、

鉛筆の交換も徹底する。

人が混み合いにくい期日前投票を促す。

 

 

 

 

 

まぁ街宣車の窓は普段から開けっぱなしではありますが。

 

暇があればアルコール除菌シートで

触ったところなどを拭きまくる。

休憩ごとに手洗いうがい。

 

私は.マスクをして歩くのもしんどいのですが、

マスク着用でマイクで喋るのは

さらに難しい行為なのです。

 

表情を見せることができないのも

つらい。

 

 

こんな非常事態の時なので、

ただでさえみんな不安な面持ちだし、

ピリピリしてる。

 

マイクを通して大きな声で喋りかけるに、

 

こわい声、硬い声、真剣すぎる声が大音量で聞かされたら、さらに心を閉ざされてしまいそう。

 

せめて柔らかい、笑顔と安心を感じてもらえる声で訴えたいではありませんか。

 

 

前代未聞のマスクうぐいす。

メガネでさえもあまり歓迎されないのに。

 

 

でも、、

コロナが発症してしまったら

選挙どころじゃなくなるし。

今は大変な時だけど、選挙は選挙で大切だし。

 

有権者の皆さんはどう感じ、

どう見ているのだろう。

 

 

 

 

🔶🔶🔶🔶🔶

選挙が好きすぎる!

選挙ウグイス

よしまみ

🔶🔶🔶🔶🔶